亨進様説教 聖書

神の武具で身を固めなさい

2015年6月7日の亨進様の説教は「神の武具を身に着けてサタンを打ち破る」でした。

亨進様はエペソ人への手紙6章11~18節を引用され、こう語られました。

この聖句の冒頭に「神の武具で身を固めなさい」とあります。神様は悪魔と戦うための全ての武具を私達に与えています。しかし、多くの聖徒は、その武具を身につけていません。

悪魔が来て彼らを打ち負かす時、彼らはなぜ打ち負かされたかがわかりません。ですから、聖書には「それを身につけなさい」と書かれています。それによって、彼らは悪の力と対峙できるのです。

亨進様の説教に出会ってから、聖書をあまり読んでこなかったことを悔い改めました。
時折、開くことはあっても、あまりにも聖書についても、キリスト教についても知らない自分がいます。
そして、今、聖書について学んだり、毎週の説教の中で引用してくださる聖句に触れたりする中で、とても新鮮な出会いがあります。それは、あまりにも自分が無知だからかもしれません。(T_T)

でも今からでも、お父様のみ言葉と共に、聖書においても理解を深めていくこと、「神の武具で身を固める」ことが、これからの艱難の時代を超えていく力となると感じています。

先日、大きな本屋のキリスト教のコーナーであれこれ本を見てみました。

その中で、「イラストリビングバイブル・新約」を見つけて購入しました。『総ルビ付きで、子供から大人まで味わえる読める聖書の入門書』と帯がついてます。日常語で書かれているので新鮮です。アマゾンでも購入できます。

 イラスト リビングバイブル―新約― 

ほぼ新約聖書そのまま日常語になっているというものですが、少し説明もあり、それが私にはとてもよかったです。

最初のページに、聖書は「神様からの手紙」ですと書いてあります。
神様からの手紙、、、、リマもそうですね。

マタイが取税人だった、ということも知りませんでした。もしかしたら若いころ知ってたかも?でも記憶になく(泣)

ほんとになんとかの手習いみたいですが、前向きに行きたいと思います。^^;

その日の亨進様の説教、最後の部分、、、

私達が全ての神の武具が、神様から直接送られてくることを理解する時、それはまさに、私達が輝く太陽を見るとき、そこから聖なる武具が送られてくるようなものです。太陽から、私達はサタンの軍隊に立ち向かうのに必要な神の武具が現われて私達に与えられるのです。

たとえ私達がこの世の全ての栄光を持っていなくても、たとえ私達が馬鹿にされ、見下されていたとしても、私達は真理の上に強く立ち、神の全ての武具を身につけて、聖なる兵士として、私達の王を永遠に守る為に立ち上がるのです。それを誰も妨げることはできません。

 

アージュ!

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

-亨進様説教, 聖書