亨進様説教

障害物にでなくチャンスに集中せよ

真のお父様は、『牧会者の道』で、

「先生も、これまで印象に残ったことがあります。強盗と一緒に手錠をかけられ興南監獄へ移送されていくとき、山あいに差し掛かって、渓流に沿って歩いたその時のことが、本当に鮮やかに思い出されます。曲がりくねった山あいの道を歩いていったその時のことが今でも忘れられません。印象的です。その歩みは、新しい世界に向かって出発した歩みでした。『これから日々、行くべき私の道はどこなのか。刑を終えて出たのちには、どうすべきなのか』とても気になるのです。『監獄生活をどうやっていくのか。困難であるが、私は行く』というのです。その時が、新しい自我に目覚める良い機会になりました。」

というみ言葉を与えてくださいました。

もし皆さんに、今、「青いシャツを着ている人を探しなさい」と言えば、青いシャツだけに集中するはずであり、簡単に探し出すことができるでしょう。私たちの人生も同じです。

困難な条件ばかりを見つめて考えれば、人生を困難にする障害物ばかりを発見するようになるでしょう。そして、「私の人生には障害物が多い。人生は公平でない」と思うことでしょう。

人間とは、不思議なことに、考えていることばかりを見つめるようになりやすいのです。しかし、もし人生に与えられたチャンスに集中すれば、私たちの目はより多くのチャンスを探し出すはずであり、それに比例して人生も肯定的な方向に進んでいくはずです。

亨進様説教 2007/9/16「障害物でなくチャンスに集中せよ」

おそらく今は絶版?になっている亨進様の説教集からです。
とても心霊的な説教ばかりです。

これが絶版?とは残念だな、、、と思いつつ、リビングバイブルを開いて出てきた聖句、、、。

ローマ人への手紙 第8章38、39 <イラストリビングバイブルより>

「38:神の愛から私たちを引き離すことができるものは何一つない、と確信しています。死もいのちも、そんなことはできません。天使にもできません。地獄の全勢力が結集しても、神の愛から私たちを遠ざけることはできません。恐れも、不安も同様です。39:あるいは、私たちが空高くのぼっても、海の底深くもぐっても、どこにいようと、神の愛から私たちを引き離すことはできません。」

未来にむかって前進です!

同説教の最後の部分、、、

アメリカの軍隊では、指導者の訓練をする時、70対30の法則を使用します。「70%確信があれば、決定し、実行しなさい。そして、足りない部分は実行しながら調整しなさい」というのがこの法則の内容です。

完璧に決定できる状況というものはありません。障害物は常に現れるようになっているのです。危険要素や障害物がない時を待って何かをしようとすれば、待ち続けてばかりいなければならないでしょう。

真のお父様は、シック全員が人生で勝利することを願っていらっしゃいます。
皆さんの人生にも様々な障害物があるはずです。そのような小さな障害物に集中しないでください。未来を恐れないでください。

困難な状況の中に、より大きなチャンスがあるということを、そして、70対30の法則を思い出してください。天を信じて挑戦してください。そうすれば、シックの方々はより多くの勝利、より多くの悟り、より多くの平和を得るでしょう。

 

アージュ!

(写真は亨進様のFace Bookより)

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

-亨進様説教