あれこれ 聖書

懐かしい夕拝

学生のころ、夕拝がありました。
木曜だったか、週の半ばの夕方、学舎長を中心に、輪になって行いました。

創世記や、新約聖書を拝読しながら解説してくださったのです。
時には原理に照らし合わせたり、その時の時代背景や、また譬えの解説など。

今思えば、懐かしく、そして当時の学舎長にとても感謝しています。
そうした聖書学習の夕拝はその方の時だけだったような、、、。

今思えば、学舎長も30歳位だったと思いますが、とても貫禄があったなあ。
しかも聖書のいろんなこと知っていて。勉強されてたのでしょうね。
お父さんのように愛していただきました。
学舎長が人事の時は普段でない熱が40度くらいも出て!知恵熱?!あまりのショックに?!と。
何人か熱を出していました。
当時、そう自分でショックのあまりだなあと思ってましたが、
今思えばあれはインフルエンザ???かも~~~ (;・∀・)

聖書に触れ、ゴスペルをたくさん聞く中で、失っていたものを取り戻すような感覚があります。

詩編
139:9 私が暁の翼をかって、海の果てに住んでも、
139:10 そこでも、あなたの御手が私を導き、あなたの右の手が私を捕えます

 

こじんまりと聖書学習会を行っています💛

 

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

-あれこれ, 聖書