亨進様説教

私達は組織の為ではなく、私達の信仰によってここにいるのです

亨進様の昨年度のみ言葉にも多くのエッセンスが含まれています。
少しずつご紹介します。
下記はサンクチュアリ教会の形を示されています。

「我々の強さは主の中にある」(2015.8.2)より

サンクチャリー教会は自由な教会です。私達は自由にここに集まっているのです。
誰も私達を強制していません。
私達は主に奉仕する為に自由に集まった群れなのです。

彼らは教会の組織があり、宮殿があるので、人々を脅迫することができると思っているのです。
これがどれだけ愚かなことでしょうか。それらのものは主の前に崩れていくでしょう。

私が始めてここに来た時、若い人と話をしました。彼は私をバーベキューなどに招待しました。そして、彼は「あなたは私達の家族の一員です。」と言いました。しかし、私は彼らの家族の一員になる為にここに来たのではありません。
私はお父様が誰なのかを宣言する為にここに来たのです。

もしあなたが私と共に立って、このことをするならば、あなたを歓迎します。
私達は神様と共に立ち上がる自由な人達なのです。
私達は組織の為ではなく信仰のゆえにここに集まっているのです。組織の為に集まっているのではありません。

私は韓国や日本のサンクチャリー教会に対して、何の法的な権限もありません。
そして、私はそれらの教会に対しての法的な権限を持ちたくもありません。
私はそれらの国の教会長を任命しますが、それらの教会は自由に運営できるのです。

日本教会と韓国教会が共に活動したければそうすればよいし、そうしたくなければそうしなくてもよいのです。
私は決してそれらを強制しません。私達は自由なのです。

私達は組織の為ではなく、私達の信仰によってここにいるのです。
私達は私達の責任分担を持っているのです。
ですから、堕落した組織の人たちは私達のことを理解できないのです。
私達は私達の利益の為ではなく、私達の信仰のゆえにここに集まっているのです。
彼らにはそれがわからないのです。

私達は天一国の為のシステムを作るためにここにいるのです。
大学の学生のように、人々は選択の自由があるのです。誰も何も強制されません。
誰もがあるときは先生になり、あるときは学生になるのです。
ですから、人々は目覚め始めているのです。
人々はどこに神様の願いがあるのかを理解し始めているのです。

私達はお父様との限られた関係を作りたいのではありません。
私達は本当のお父様との本当の関係を作りたいのです。
私は政治的な意味で正しいお父様をほしいのではありません。
ここにいる全ての人はこの同じ価値観を共有しているのです。

 

アージュ!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

-亨進様説教