亨進様説教

神様が私たちの王国の、王の王

2018/12/28

「王国の繁栄 」Kingdom Prosperity より

お父様はこう語られています。

天聖経197(英語版)
地球星のどこに行っても、サタンが反対する影があっては、神様が自由と平和の園として造ったエデンの園の理想が実現されません。地球星にサタンが反対し得る影がなくなってこそ、地上天国が完成するのです。(57-128,1972.5.29)

「自由と平和」です。真の平和は神との関係があるところに来ます。真の平和は自由と責任があるところに来ます。お父様は何度、自由と責任と言われたでしょうか。5パーセントの責任、5パーセントの責任、責任、責任、責任!自由は責任と共にあります。

ですから神の国が説かれなければならないのです。
ですから(天一国)憲法が発表されなければならないのです。
ですから、神の国と福音がこの世界の舞台にもう一度現れなければなりません。
これは戦いです。大きな戦いです。
神の国の福音のために立ち上がれば、憎しみを受けます。嘲笑され、罵られます。

しかし、人類と神の側に立つなら、物事の成り立ち上、些細な罵りはすべて道端に落ちてしまうことを知ってください。そしてあなたは、英雄として、伝説として、自分自身を一時的な権力に売ることをしなかった者として立ちます。名誉を重んじる者として立ちます。戦士であり、人類を前進させ、人類と民族を神とその理想に向けて動かした者として立ちます。私たちは憎まれ、罵られたとしても、すべての子孫が私たちのことを記憶するでしょう。イエス様は、十字架を持って自分と一緒に立ち上がるように言いました。十字架に付きなさい、釘で打たれなさい、と。戦う理由としてより大きなものがあるのだと。それは、天と地の王国の福音であり、その王国は今来なければならず、これから来るのであり、私たちは最後の時を生きているのだと。

それは明日来ますか?

いいえ。

しかし、それは(いつか)来るでしょう。

SOS来てください。この歌を讃美するとき、神様に集中しましょう。神様が私たちの王国の、王の王です。
神様はすべて捨てなさいと言われます。十字架を持って、私と共に歩みなさいと。
神様はすべて成したのです。すでに成したのです。
私は、不屈の精神を持つ人たちと共に立つことができて、また、サタンの波に対抗して立つことができ、善のために立つことができたことを感謝であり名誉に思います。

 

今回の説教でも、神の国と福音について具体的に教えてくださっています。

そして亨進様は、私たちは人の為に生きるための天稟を神から与えられて持っていると語られています。
その神からの贈り物を通して、多くの人を幸せにすることができ、その革新と成果をもって、人に役に立ち、為に生きることが出来ると。

 

2016.7.3「王国の繁栄」をプリントアウトのページにアップしました。

 

 (フォト:亨進様のFace Bookより)

にほんブログ村

-亨進様説教