あれこれ

誰かが行くから行くのでもない

誰かがこう言ったからとか、あの人も行ってるとか、それで亨進様と共に行くことを決めたわけではありません。
亨進様の説教で、直接亨進様から出る言葉に自分の心情が反応して、そこにお父様を感じたからです。

私たちには素晴らしい先輩がいますが、その諸先輩たちがこう言ったからと自分の人生を決断するものでもありませんし、
先輩方を尊敬するのと、自らの決断は別物です。

諸先輩方の選択を「正当」として判断するものでもない。
お父様の選択が全てです。
お父様の選択、み言葉も、時系列を重要視しなければならないのではないでしょうか。

10年以上前からネットもいろいろ見ていました。反対派のものやら、シックの発信してるものやら。
でもそれは「情報」。
「情報」を得て、判断するのは自分です。
家庭連合ではその「情報を得て判断する」ことすら否定しますが、それっておかしな話。
つまり影響を受けて離れてほしくないということですよね。
影響を受けて離れるならそれまでのことでしょう。本物であるなら、むしろ何を言われてもきちんと答えられるという強さを育てる方に意識を向けるべき。
ん?だから対策ビデオ作ってるのでしょうか?(/・ω・)/
でも、あんまり役に立ってない気がします。そもそも見るのはネットなど関心ない人なのではないかと思います。
なのでみてもトンチンカンで、どこがどうとかまで考えないんじゃないでしょうか。
なんでもかんでもビデオミロミロ攻撃で、仕方なくボーっと忍耐時間を過ごすというのが常のような…。
シックの中にも、対策内容に疑問を持ってる人もおられると思いますが、声を大にできずスルーが現実なのでは。

神様と自分、お父様と自分の関係性がまず第一。
「人」が問題ではないです。

基盤があるから行くのでもないし、組織のための信仰ではない。
お友達がいるから信仰するのでもない。

このときヨブは起き上がり、上着を裂き、頭をそり、地に伏して拝し、
そして言った、「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」。

ヨブ記1章20.21

リマによって出てきた聖句です。

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

-あれこれ