亨進様説教

2016.1.12亨進様インタビュー:七死復活

2016.1.12 亨進様インタビューより

第1章 七死復活

ある日幻を見ました。お父様のお顔が一万の太陽のように輝き、近づくことができません。
同時に、お父様の体が監獄にあるのを見ました。お父様の霊人体が、また同時に地獄にあるのです。つまり肉体は監獄にあり、その霊は地獄にあったのです。地獄では魔物たちがお父様を八つ裂きにしていました。そこでお父様は魔物たちに向かって「子供たちを解放する代わりに私の体を持って行け」と叫んでおられました。魔物たちはお父様の肉をむさぼり、お父様を抱えては引き裂いていました。この幻を見たことで、私は霊的突破口を開きました。

お父様は6回の生死をさまようような牢獄と拷問の生活を送られた。逃げるのではなく、喜んで拷問を受けるその場に進んで行かれた。それは私のため、家族のため、氏族とその未来のためにそうされたのです。お父様がそういうことを「私」のためにされたことを初めて知りました。あらゆる苦労は「私と家族の救い」のためにあったのだと。私たちが神様の前に正しいものとして立てるのは、お父様がこのようにして支払われた蕩減条件のおかげなのだと悟りました。そこから七死復活が出てきました。

お父様の愛は、友のために一度死ぬ愛などではなく、愛する子女のために何度でも何度でも死ぬそのような愛でした。私はイエス様のみ言から存在論的に一段飛躍しました。お父様が「真の愛」とおっしゃるとき、このような何度もくぐられた拷問などの十字架路程を通してお父様が現実に体現された愛を指すのだということを悟りました。それは私と関係のない苦労、蕩減ではなく、お父様の苦難の路程は、「私」が神様の前に正しく立てるようにして下さるものだったということです。
私と家族、孫、そして子孫が神様の前に正しく立てる者になるためです。
神様がこの啓示を与えられてから、お父様への見方、お父様との関係において完全な変化が起こりました。
それまでお父様は、私にとって偉大な教師、偉大な指導者でした。メシア、救い主である意味が分からなかったのです。
しかしこの啓示によって、お父様が救い主であられ、それなくしては誰も神様の前に正しきものとして立てないのだと悟りました。
お父様が蕩減を払い、代償を支払うことで、私がその路程を歩まなくとも神様の前に立てるのです。これは巨大な転換でした。お父様が何者であるか分かったのです。その価値の大きさ。単なる教師、預言者ではないのです。メシアと預言者は違うでしょう?
私たちが神様の前に正しいものとして立つために犠牲になられる人類の救い主なのです。これが私にとっての一大転換点でした。

 

資料プリントアウトのページから印刷できます。日付順なので下の方にあります。
動画のページにインタビュー動画があります。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

-亨進様説教