ヨナニム

2015、ヨナニムインタビューPart2:御父母様の関係

2015 秋:ヨナニムインタビューpart2より

過去10年間、真の御父母様の関係へのあなたの認識は、どんなものでしょうか?

それはとってもおかしなものです。例えばもしあなたが「何か」の中にいて、それを分析するというのは非常に難しいことです。なぜならあなた自身がその一部に属しているからです。
誰もが真の家庭に問題があるのを知っていましたが、、、でも私には見ないふりもすることができました。それは私もその一員だったからです。
私が1997年、真の家庭に入った時、お父様とお母様との関係に何か問題があったとは言えません。その時は、このような状況なのだとそのまま受けいれていました。お父様とお母様の関係はこういうものだと。そういうものだと受け入れていました。
お母様は頻繁にお父様のコメントに対して動揺されていました。お父様が公に訓読会でお母様の事を語られた内容に対して動揺されていました。お母様は非常に動揺され、またその動揺を露わにされていました。

どのようなコメントに対してですか?

たとえば、”お母様はお父様について何もわかっていない”とかそれに似たこととか、
”お母様は私に言い返す”とか、それでお父様はこのようなことをリーダー達の前で語られ、お母様の居心地が悪くなり、立ち上がり、席をはずされ出ていかれたりしました。
お母様はそのようなコメントに対しては機嫌を悪くされ、気分を害されていることを露にされていました。何度か見たことがありますが、、、お父様が人々の前でコメントされ、お母様は機嫌を悪くされ、立ち上がり、席をはずされ、出て行かれ、上の階に上がられ泣かれたこともあります。みんながお母様に対してどんな思いを持たれたろうだとか、、、とても居心地が悪く、悲しまれたからです。
その時は、正直にいえば、私はお母様側に立っていました。”私の夫が私に対しあのようなコメントをしたら、とても居心地悪いだろう”というように私も思ったのです。私は彼らの関係を単なる人間的な関係として見ていたのです。
しかし同時に、お父様はお母様に情を差し伸べられ、お母様が"NO、NO"と拒まれているのを見たこともあります。
私の彼らの関係に対する見方が変わったのは、2006年に天正宮ができてからです。それまでは漢南洞の小さく管理しやすいところでしたが、天正宮ではとても広大な場所に変わりました。
それで、お父様がおられない時、お母様が独自にリーダー達に会われたり、またお父様が訓読会をされている時、別のところでリーダー達に会われたりしました。私はお母様にもやらなければならないことがあるのだろう思って、それを受け入れていました。
でも、お母様は時々私の子供達にさえ、あなた達のおじいちゃん(お父様)は、私をとても難しくさせていると語られました。多分それは、御父母様が争われていてもしょうがいない事だと、、、実際にそれはそんなに大きな問題ではないと考えていました。
私は御父母様の間にも、夫と妻としての争いがあるのだろうと理解していました。そのように思っていました。
夫と私がお父様のそばで仕えるようになった頃、しばしばお母様はリーダー達と会い、彼女は自分の意見を表されましたが、私はお母様にはお父様との葛藤があるのを感じていました。

ヘリコプター事故の後の、お父様とお母様の関係はどうでしたか。

お父様は、以前は毎日活動されていました。毎日5時から訓読会をもたれました。私達は4:00から4:30くらいにそこにいきましたが、お父様はすでに自分の運動をされていました。お父様がいつ起きられているのかは知りませんが、でもお父様はいつも一時間くらい朝の運動をしているよと言われました。運動した後、お父様はシャワーをされ、そして訓読会に行くのがいつもの日程でした。
しかしヘリコプター事故の後は、お父様は身体をそれまでのように動かすことができなくなり、躓いたり、足の力がない為に、バランスを崩して倒れたりするのを防ぐために、誰かのサポートが必要になりました。私の夫は常にお父様のそばでサポートしました。また、別の付人がお父様をサポートするために常に立ち会うようになりました。
その後、お父様はさらに動くのが大変になられました。私から見てもお母様とお父様が争われることが多くなっていき、お父様に対する反応がますます強くなり、明らかに表されるようになっていきました。
何度もラスベガス天和宮で多くの真の家庭のメンバーが御父母様の部屋に行くことがありましたが、そこでお母様がお父様に叫んでおられたことがありました。そしてお父様もそれをとても怒られていました。
また、何度か御父母様が争われた後に、お父様が訓読会に出てこられ、お父様が話されている最中にお母様は出て行かれ、お母様はみんながわかるほど怒りを表されていました。
お母様はそれまでにも怒られることがありましたが、表情には出さず、席をはずして、上の階にあがり、気を落ち着けられていました。この2-3年は、お母様はメンバーやお父様にもわかるように怒りを表されるようになったのです。
そのような場面が写ったビデオは、ビデオの担当によって消されました。

※翻訳されたFollow My Heartさんの許可を得て、少し要約してあります。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

-ヨナニム