ヨナニム

2015、ヨナニムインタビューPart2:亨進様のお母様に対するアドバイス

2015 秋:ヨナニムインタビューpart2より

亨進様のお母様に対するアドバイスは?

実際にお母様は亨進様に聞かれました。”どうしてお父様は私をこのような困難な立場にさせると思うのか?”その頃、私はお母様がどうしてお父様をそのように考えられるのかわかりませんでした。私には理解できませんでした。女性として、私はお母様のことを慰めなければならないと思っていました。お分かりと思いますが、私はお母様のためにいなければならないと思っていました。
亨進様は、このことに関してはとてもはっきりされていました。亨進様はお母様に言われました。
「お父様が厳しく訓練されるのは、そうしてあなたが栄光なる真の母となるためです。あなたにとって、あなたを訓練することのできる方、あなたを、神様を愛し、真のキリストを愛する真の母に、本物の女王してくれる方は一人だけです。だからこれは訓練期間であり、お父様は訓練されているのです。」
このように実際に言われました。
しかし、お母様はこのことを聞きいれませんでした。お母様にはこのようなことを聞く、受け入れる心のスペースがありませんでした。
お母様は”お父様はサタンの血統から出てこられた”と言われ始めました。また、お母様は”私はお父様からは何も習ってはいません。でも私はすべてを知っています。”さらには、”私は原理講論も聖書も読んでいません。私はそういうことはしなくても良いのです。しかし私は最初から知っていました。” お母様は私達にでさえ、このように言われました。
これが、私達が見てきたことです。亨進様は常時、彼らが幸せであられるようにと、御父母様に接し続けられました。
私達が韓国に行った時でさえ、お父様は清平で過ごすことは好きではありませんでした。お父様が行きたがっていた所は韓国の南部にあるヨスです。
ご存知のように、お父様は魚釣りの条件をされるのが好きですが、清平では魚釣りをすることはできません。清平に人工的な池を造りましたが、それは海を知り尽くしているお父様には小さすぎました。お父様は海を愛されていました。だから、お父様は南にある巨文島やヨスに行かれました。そこに泊まり、過ごされるのが好きでした。
お母様は私達夫婦をしばしばそこに送られました。お母様は、「自分の健康を考えなければならないし、会議もあるので、あなた達が行きなさい」といわれました。それで私達は時々3-4日とお母様抜きで泊まることになりました。
私たちはお母様に電話しました。私の夫はお母様に電話し、”ここを出てそこに行きましょうか?”と言われましたが、お母様は”こなくていいのよ、私はやらなければならないことがあります。あなた達はそこでお父様と泊まっていなさい”と言われました。
でも、私の夫はあのような悪戯坊やです! お母様のところに行こうとしました。”お母さん、私は行きますよ!”、、、、(笑)

※翻訳されたFollow My Heartさんの許可を得て、少し要約してあります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

-ヨナニム