亨進様説教

あなたが神様の側に力強く立っていれば、あなたが恐れるものはありません

2015.7.5 亨進様説教「Evil Age of Apostasy 背教の悪しき時代」より

これが終末の時に起こる現象です。悪が善と呼ばれ、善が悪と呼ばれるのです。闇を光とみなし、光を闇とみなすのです。終末の時には分立が起こるのです。正しいことを心から信じる人たちと、人気のあるものに従っていく人たちに分かれるのです。これが最後に起こることです。人々が両極に分立された時、あなたは誰が本当に信仰を持っているかを知るのです。誰が偽善者なのか、誰が偽善者でないのかがわかるのです。
終末の時、私達はより明るい光になるのです。その光を見て人々は目を覚ますことができるのです。ときどきそれは、誰かと1対1で話している時に起こります。

私達は暗闇の中の光になるのです。私達は闇の力より強い力を持っているのです。なぜなら、闇の力は幻想なのです。それは幻想の力です。それはあなたに恐れを与えます。もし迫害されたらどうしよう、もしあざ笑われたらどうしよう、仲間はずれにされたらどうしようなどと、あなたに恐れを与え、あなたを弱くするのです。

しかし、あなたが神様の側に力強く立っていれば、あなたが恐れるものはありません。もしあなたがあなた自身を崇拝するのではなく、神様を信じ、神様に栄光を返していれば、あなたはサタンを恐れないし、あざ笑われても、迫害されても恐れることはありません。それはあなたが力を持っているからです。それはサタンがあなたにしてほしくないことなのです。

 

資料プリントアウトのページに「背教の悪しき時代」をアップしました。下の方にあります。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

-亨進様説教