亨進様説教 聖書

皆さんは真理のために立っています

2015.6.28 亨進様説教 Dying and Living より (日本語訳:三代王権ブログ)

動画:Dying and Living - June 28, 2015 - Rev. Hyung Jin Moon - Sanctuary Church Newfoundland PA

私たちはお互いに、またこのYouTubeを通して全世界の仲間を兄弟姉妹とみなしています。ですが実は私たちは神様のために闘う戦士の仲間だということを忘れてはいけません。私も讃美するバンドの若者達をこの世的には見ないで天の戦士として見ています。私の子女も戦士とみなしています。互いの見方を変えなければなりません。ただの兄弟姉妹ではなく、自分は戦士だ、あなたも戦士だ。私は私の戦いを闘い、あなたはあなたの戦いを闘う。しかし助けが必要な時には助けて下さい、このようにするのです。

私たちが戦士であると思う時、日本で立ち上がった人々がいます、日本各地にサンクチュアリが立ち上がろうとしています。私たちは同じ目的で、同じ王のために、同じ王国のために、同じ闘いを闘っています。お互いを助け合う時、戦士として敬意を払い受け合うのです。すべての兄弟姉妹を見る時、私は感激します。

全員がボランティアで奉仕しています。何かの見返りを求めている訳ではありません。同じ戦いの場に立っていることを知っているからです。同じ戦場に立つ時、そこに戦士どうし互いに成すべきことが生じます。互いの傷を癒し、お互いのために仕え助け合うのです。互いのために幕屋を用意するのです。
心が動かなければボランティアをする必要はありません。私は構いません。しかし自分も戦士であり周りにも戦士がいるとするなら互いに助け合うべきです。

多くの人が「私たちは優秀なAチームではありません、役に立たないCチームです。どうして神様はあなたがたのお傍に導かれたのでしょう」と言います。それに対して國進兄さんはこう言いました。
「あなたがたがAチームです!」

私が見る限り毎週、1週間経つごとに、世界教会の中で目覚める人々が多くいるのがわかります。難しい時であればこそ、誰かがやるべきことをやらなければならないと知っているのです。必要な人は安楽な時に信仰者を装う政治家ではありません。最も困難な時に戦場に立ち、悪魔に向かって悪魔だと言える人が必要なのです。

皆さんは真理のために立っています。勲章を求めているわけでもなく見返りを求めているわけでもありません。ただただ神の子としての義務感がそうさせているのです。

 

「私は私の戦いを闘い、あなたはあなたの戦いを闘う。しかし助けが必要な時には助けて下さい、このようにするのです。」
「私たちは同じ目的で、同じ王のために、同じ王国のために、同じ闘いを闘っています。お互いを助け合う時、戦士として敬意を払い受け合うのです。」

 
互いに敬意をもって、尊重し合う姿勢を忘れてはならないと思います。
人の天稟はみんな違うものであり、それぞれが神の肢体であり、感性も表現も違う。
一人一人が尊い戦士です。
自分の考え方だけに固執せず、常に謙虚な心情で人から学ぶことを大切にしなければ、成長はできないのではないかと思います。

 

ローマ人への手紙
12:3わたしは、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりびとりに言う。思うべき限度を越えて思いあがることなく、むしろ、神が各自に分け与えられた信仰の量りにしたがって、慎み深く思うべきである。 12:4なぜなら、一つのからだにたくさんの肢体があるが、それらの肢体がみな同じ働きをしてはいないように、 12:5わたしたちも数は多いが、キリストにあって一つのからだであり、また各自は互に肢体だからである。

 

※ 説教「Dying and Living」を資料プリントアウトのページにアップしました。

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

-亨進様説教, 聖書