亨進様説教

祝福の聖約⑦絶対「性」の価値

2019/01/18

三日行事・祝福の聖約より
The Covenant of the Blessing - April 21, 2015 - Rev. Hyung Jin Moon - Sanctuary Church Newfoundland PA

 

絶対「性」の価値
さて、三番目に話す必要があるのは結婚における、絶対「性」についてです。結婚において性行為は重要なものです。皆さんの子供は、結婚における性行為からもたらされると知っている人は何人いますか?あなたの子孫は、結婚における性行為から生まれます。しかし、私たちはサタン世界によって非常に条件付けられてしまったために、教会ですら結婚における性行為の神聖さについて話すことができません。このように私たちは、キリストの体として弱くなっています。結婚における性行為の重要性について、家族に指導することすらできません。

実は、それは最も素晴らしい賜物です。それは神様が私たちに下さった、最も切望され、最も尊い贈り物です。それはまた恩寵であって、受けて当然のものでもなく、自分で獲得したものでもありません。神様が、私たちを一つにするために、私たちの結婚に対して下さったものです。聖書には何とありますか?
「ふたりの者は一体となるべきである」

それは神様の神秘です。そこには力があります。天が与えた恩恵があります。あなたの絶対「性」生活は強くあるべきです。それは豊かであるべきです。そこには繁栄があるべきです。むなしくてはいけません。むなしいというのは何か間違っています。結婚において豊かさを築くためには、天国のサイクルを続けなければなりません。それは非常に重要ですが、過小評価されていると思います。絶対「性」生活がどれだけ重要でしょうか?

男性にとって、それが第一の場所であり、私たちが本当に愛されていると感じ、本当に受け入れられ、本当に抱擁される最も素晴らしい方法です。それは、神様の息子として生きていることを感じる、最も素晴らしい方法です。それは結婚になくてはならない力強いものです。しかし、同時に、お父様の「週に三回しなければなりません。それが法です。」というみ言を引用しようとする人がたくさんいましたが、神様は私たちを法から免除しています。絶対「性」を強制しようとしているのではありません。そうですね?私たちは、夫婦が一つになるときに、聖霊、神様が、臨在することができる明白な環境を作ろうとしているのです。夫婦が、一つの心、一つの心情、一つの体で一緒になるとき、そこには聖霊が、神様が臨在されるということを知っている人は何人いますか?そこでは、他の場所で出会うことのできないような聖霊に出会うことでしょう。完全に信頼して、愛と尊敬をもって自分の配偶者と一緒にいれば、絶対「性」生活は力強く、豊かになります。あなたがサタンを倒しに行こうという気にさせるだけの、これほど力強い天の恵みはありません。

女性のみなさん、男性がいやらしいと考えるのはやめてください。彼らはいやらしくありません。それだけ男性が女性を必要としているということです。いやらしいのではありません。神様がそのように男性を作ったのです。ですから、女性を追いかけることができます。狩ることができます(笑)。それはあなたを殺すためではなく、もてる物すべてであなたを愛するためです。絶対「性」生活は結婚に対する神様からの賜物であり、祝福後、三日行事後は、サタンはもう、あなたの結婚に対して何も言えません。あなたの愛の行為に対しても何も言えません。それは完全に分別されており、神様が臨在されるのです。ですから、絶対「性」生活は、キリストにおける一体を完全に表したものです。そして、喜びに満ちた絶対「性」生活と、皆さんの家庭で作られるロマンチックで肯定的なエネルギーは、自分の子孫に与える最高の贈り物になります。

それは最も素晴らしい賜物です。そして、力強い絶対「性」の結婚をすれば、自分の子供に最高の祝福を与えることになります。10代の若者の自殺や精神的な病気は、ほとんどの場合、親が機能不全になっていることに関係しているということを知っている人は何人いますか?しかし、力強く、神の恵みを受けた男女が一緒になって、非常に豊かな絶対「性」生活をして、力強く愛の行為のエネルギーと、言い表せないほどの喜びを生み出すなら、子供たちは再び祝福を受け、彼らも祝福を受けたくなるでしょう。子供たちは結婚したときに、自分たちの頭の中に模範となる姿を持つようになるでしょう。

今週、このみ言を何回聞きましたか?私たちは勝利のために戦うのではなく、勝利から戦います。勝利から戦うのです。子供たちに、強力で絶対「性」の結婚をした、勝利した親がいれば、彼らは勝利から戦うことになります。あなたは既に彼らに力を与え、あなたの勝利がありますので、今度は彼らが祝福を受けて、サタンの攻撃を受けても、彼らは自分の勝利からではなく、親のあなたの勝利から戦うことができます。彼らはあなたの勝利から戦うのです。 ですから皆さんの結婚は強力なものです。ですからあなたの愛の行為は強力であり、子供たちに影響を与えるのです。それは、絶対に子供に影響を与えます。

私たちはいつも、おおっぴらに子供たちと絶対「性」について話します。なぜなら、私たちは性行為に関する進歩的な教育を望まないからです。私たちは、子供に親から学んで欲しいのです。結婚で神様が与えた下さった贈り物です。彼らがMTVやレディー・ガガや、そういったものから学ぶまで待ちたくありません。彼らがどこで学んでも、神様の下で指導したいのです。そして、この喜びに満ちた絶対「性」の結婚生活、それが作り出す力、喜び。夫が妻に愛を語り、妻の後を追い、驚くほどのエネルギーを生み出して、それが子供たちにも与えられ、強められます。そして今度は子供たちが祝福を受けていきます。
あなたの配偶者との個人的な関係を超えた影響があります。なぜなら、あなたは神様のみ言葉を本当に成就しようとしているからです。あなたが神様のみ言に従って立っているので、神様はあなたの一族を祝福するのです。それはみ言にあります。神様はあなたの子孫を祝福しています。そして子供も祝福されます。
オンマ、少しだけ何か話したいですか?

妍雅様から:
ありがとうございます。もう一度夫に拍手をしましょう。ありがとうございます。夫の期待通りにやれるか分かりません。それは考えたり祈ったりする必要があります。
クレイジー・サイクルについて簡単に要点を話したいと思います。愛がないと、妻は尊敬なく反応し、尊敬がないと、夫は愛なく反応します。このクレイジー・サイクルです。
女性はいちゃつくことがありますが、それは気にかけているからです。男性は理解できないでしょうが、気にかけているからいちゃつきます。気にかけていなかったら、いちゃついたりしません。ほとんどの女性がそれに同意してくれると思います。ですから、男性は、妻がいちゃつくときは、彼女が愛を必要としている合図だと理解してください。それはとても大切な合図です。しかし、一方で男性は、女性がそうするとき軽蔑のサインだと感じます。「妻は私が嫌なのか」、「自分を信頼してないからそうするんだ」、「私のことを子供みたいに思っているんだ」、のように。私たちは、男性がどこから来ていて、女性がどこから来ているか理解する必要があります。

夫が言っていたことは本当です。私は夫にアポイントを取ります。そして彼は10分と言ったのですが実際は30分話します。夫は10分に減らさないといけないと言いたかったようですね。そうなんでしょう?私は自分のiPhoneでスケジュールリストに登録します。そして、タイマーを30分にセットしてスタートを押します。そして、30分以内に終わるようにするのです。そのように取り組んでいます。
亨進様:「いつも時間通りに終わります。」
夫とやっているもう一つのことがあります。私たちは家族のことだけでなく、教会のことも一緒にやっています。この人と面会の約束をして、とか、これをやらなければ、といったように。私は、実は夫にEメールを送ります。夫は目の前にいて何かやっているのですが、リストを作ってそれをメールします。それで、やがて彼はその仕事について答えます。そのようにする理由は、それがより効率的であるのと、感情的に入り込まなくて良いからです。
「どうしてもっとこの人を気にかけてあげられないの?」、「この人は病院に行っていないし」、「これは緊急なのにどうして他のことができないの?」といったように、入り込む必要がありません。そして、ただその仕事に取り掛かります。要点を言うのが尊敬のレシピとなります。先ほど話したところですね。
男性たちは、妻のことで直したいと思うことがあるでしょう。そしてあまり愛せないようなことが。しかし、それをバーベキューの中に入れてください。バンズにはさんで、サンドイッチにしなければなりません。妻を準備させなければなりません。バンズは柔らかくないといけませんし、バターを塗ったらいいですね。調味料も少し。(笑)

私たちはたくさんのことを話しました。私たちの祝福は・・・。祝福で最も重要な点は・・・私たちは神様につかまって神様を中心としなければなりません。葛藤する時はいつでもみ言に帰ってください。み言にあったように、私たちは夫を無条件に尊敬しなければなりません。そして、夫は妻を無条件に愛さなければなりません。
「ハンサムなあなた、あなたがまとめる番です。」

<亨進様に交代される>
ありがとう、オンマ。これから聖酒式を始めます。出席者は聖酒を準備してください。
もう一つの大切なことは、夫婦が一緒に祈ることです。一緒に祈ってください。止まってしまったり、うまく行かないとき、男性たち、私たちは家庭の聖職者なのですから、妻のところに行って「このことを祈りましょう」と言うのです。切り抜けられないようなとき、思いが通じないようなとき、言うことが理解できないとき、そのことを祈りましょう。一緒に祈りましょう。神様を迎えてください。これが神様の聖約です。そうですね?これは神様の結婚です。妻を導いて祈りましょう。妻と立って祈れば、途方もない転換を経験します。途方もない霊的な転換です。ですから、生活の中で祈ることがとても重要です。

 

2015・2016説教&資料に「三日行事・祝福の聖約」のPDFをアップしました。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

-亨進様説教