あれこれ

トランプのための祈りの盾

Hundreds of Prayer Warriors Descend on Washington to Provide Prayer Shield for Donald Trump Christian Todayより

Christians pray while waiting to listen to U.S. President-elect Donald Trump speak during a USA Thank You Tour event in Mobile, Alabama, U.S., on Dec. 17, 2016.

<Google翻訳>

ドナルド・トランプ米大統領の1月20日の就任に先立ち、彼の周りに「祈りの盾」を建設することによって、米国の大統領エレクト・トランプを守るという重要な使命を果たすために、何百人もの祈りの戦士たちがワシントンDCに降りてきた。

これらの祈りの戦士の中では木曜日にナショナルプレスクラブの内部に集まった(米国の大統領のように)アメリカ合衆国の大統領シールドと呼ばれる新しいグループのメンバーである、CBNニュースが 報じました。
バージニア州バージニアビーチのEric Majette牧師は、POTUS Shieldはアメリカ全土の牧師から構成されていると語った。

「私たちは実際に祈りのグループです。私たちは全国のリーダーを祈っています。牧師のグループが集まり、私たちの国家や指導者、特に新政権を祈るために祈っています。」

集会では、有名な市民権リーダーの甥のマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの姪であり、未成年者のための市民権のディレクターであるアルベダ・キングは、アメリカに刷新的な肯定的な変化をもたらすことを信じていると語った。

「私たちは実際にトランプ氏やアメリカ人を変える人を探しているわけではありませんが、神ができると知っていることを知っています。」

 

全文は元の記事でどうぞ。なんとなく後半のGoogle翻訳が?なところがあって、でも直すのも英語に自信もないので前半だけ載せました~(;^ω^)
上の文もちょっと?かもですが、そのままです。

後半に、サム・ロドリゲス・ジュニア牧師がトランプとともに就任式の壇上に立ち、山上の説教の中でイエスの有名な言葉を宣言すると書いてありました。 "Blessed are the poor in spirit, for theirs is the kingdom of heaven."

やっぱりキリスト教が基盤の国は違いますね。
天一国の扉が開かれていくのを実感します。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

 

 

 

-あれこれ