あれこれ

天一宮

2017/02/18

1月30日、天一宮の朝日です。
暗闇の中、訓読会に。次第に日が昇り始めました。

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外、自然

 

ドアの向こうに亨進様。King's Reportのスタジオです。

画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内

 

訓読会はリビングの部屋二つを繋げてモニターを見る感じです。

リビングにあった水槽の中の恐竜が気になり、、、パチリ。

画像に含まれている可能性があるもの:植物

 

お茶セットが気になり、、、これは亨進様が時折使われてるものでしょうか。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

リビングの隣のキッチンつながりのスペースに大きなソファが二つ。そこに飾ってある額。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

 

 

朝日をとった場所から拡大。この橋の向こうはニューヨーク州だそうです。

画像に含まれている可能性があるもの:空、橋、木、屋外、自然、水

 

玄関と反対のお庭?テラス?地面に張ってある布の所はプールです。
よく見るとちびっ子が。これは娘です。(*'ω'*)

画像に含まれている可能性があるもの:家、屋外

 

訓読会の後、姜先生が日本語でお話してくださいました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、室内

ほんの短い握手のご挨拶の時、ちっぽけな自分にちっぽけなことに対して言ってくださった一言、、、私には衝撃でした。

お父様の香りがしました。

ほんとうに謙虚であられます。
ほんとうにこのような方がクリスチャンなのだなと感じました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

天一宮では1階はまるでホームのように感じました。お姉さんたちが数名で食事を準備してくれ、みんなでワイワイおいしくいただきました。
訓読会の休憩タイムにヨナニムがキッチンに飲み物を取りに来られ、現地メンバーは気軽に会話。
ほんとにファミリー、、、そんな気がしました。

私などはほんとに亨進様やヨナニムを間近にしただけで、「おおお、、、、」となんだか夢心地でしたが、
日常でそれがあるのはすごいことですね。
できることならペンシルベニアに住みたい、、、とほんとに思います。

天一宮を出る時に、二階からお二人が降りてきて下さり、玄関で握手してくださいました。

みんなが車に乗って、、その時に姜先生も見送りに外まで出て来てくださいました。
天一宮の玄関前でお三方がずっと手を振ってくださいました。

その場面が焼き付いています。
パチリとしたかったけど、わたわたしてできませんでしたが、あの色彩、風景、笑顔、愛、、忘れません。

 

 

 

奥の三角屋根の下のお部屋がスタジオです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、空、家、屋外

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

-あれこれ