亨進様説教

荒野において私に与えられているこの道は神の祝福

それで、私たちが公的な立場にあるときに、教会における透明性の重要性を強調し、指導者たちの資産の公開を要請したのです。ここサンクチュアリ教会では、実際にそのように行っています。それは私たちの信念であり、教会に導入しようとした内容です。

そしてそのようなお金を握っている権力層に指摘を行うと、彼らから糾弾を受けることになります。彼らから憎まれるのです。今でも思い出されます。彼らは一まとめになり、国進お兄さんを追い出そうと試みました。国進お兄さんは教会に始めて透明性をもたらそうとした人であるからです。教会歴史上、始めて、各々の機関が自身の責任を持つようにしました。支援を受けた資金を、会社の収入だと錯覚しないようにしたのです。指導者に本当の意味での透明性をもたらそうとしたのです。公金横領するならば、それ以上、お金を与えてはならないようにしました。そのために、国進お兄さんにたくさんの敵ができました。

日本と韓国にいらっしゃるメンバーの方々は、私たちが何をどのようにしてきたのかを実際に見ていることと思います。多くのシックの方々は、私たちがどうでもよい権力や地位のために、その立場にいたのではないということを知っているはずです。
国進お兄さんは無給で働きました。私はお父様から任命されてから、牧会に専念してきました。
皆様がどう考えられるかわかりませんが、私はこの様に考えます。

今、荒野において私に与えられているこの道は神の祝福であると。

 

「沈黙を破って」
Rev. Hyung Jin Moon 2015/1/11

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる、空、子供、雲、屋外、水

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

-亨進様説教