聖書

人に仕える人が最も偉大な者です

イエスは、群衆と弟子たちにお語りになりました。

「ユダヤ人の指導者やパリサイ人たちが、あまりにたくさんの戒めを作り上げているので、あなたがたは、彼らをまるでモーセのようだと思っているでしょう。もちろん、彼らの言うことは、みな実行すべきです。言っていることはよいことなのですから。だが、やっていることはだけは絶対にまねてはいけません。彼らは言うとおりに実行していないからです。とうてい実行できないような命令を与えておいて、自分では、それを守ろうとしないのです。

彼らのやることと言ったら、人に見せびらかすことばかりです。幅広の経札(聖書のことばを納めた小箱で、祈りの時に身につける)を腕や額につけたり、着物のふさ(神のおきてを思い出すために着物のすそにつけるように命じられていた)を長くしたりして、あたかも聖者であるかのようにふるまいます。また、宴会で上座に着いたり、会堂の特別席に座ったりするのが何より好きです。街頭で丁寧なあいさつを受けたり、『ラビ』(ヘブル語で教師)とか『先生』とか呼ばれることも大好きです。だがあなたがたは、だれからもそう呼ばれないようにしなさい。なぜなら、神だけがあなたがたのラビであって、あなたがたはみな同じ兄弟だからです。また、この地上で、だれをも『父』と呼ばないようにしなさい。天におられる神だけが『父』と呼ばれるにふさわしい方だからです。それに、『先生』と呼ばれてもいけません。あなたがたの先生は、ただキリストひとりです。

人に仕える人が最も偉大な者です。ですから、まず仕える者になりなさい。われこそはと思っている人たちは、必ず失望し、高慢の鼻をへし折られてしまいます。一方、自分から身を低くする者は、かえって高くあげられるのです。

マタイの福音書23章1~12節
リビングバイブル

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

 

 

-聖書