聖書

都のどこででも、自由に礼拝できる

22それにしても、都には、どこにも神殿が見あたらないのです。というのも、全能の神である主と小羊とを、都のどこででも、自由に礼拝できるからです。 23都には、太陽も月もいりません。神と小羊との栄光が、明るく照らしているからです。 24その光は全世界に及ぶのです。世界中の支配者たちが、それぞれの栄光を携えてやって来ます。
25都の門は決して閉じられず、一日中、開かれたままです。ここには夜がないからです。 26あらゆる国の栄光と誉れが、都に運ばれて来ます。 27汚れた者は入ることができません。偶像礼拝をする者、偽りを言う者は、一人たりとも入ることができません。小羊のいのちの書に名前が記されている人々だけが、ここに入ることができるのです。

リビングバイブル ヨハネの黙示録21章22~27節

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

 

-聖書