亨進様説教

善をもって、愛をもって、慈悲をもって、徳をもって、まず神の国とその義を求める

(マタイによる福音書6章9-10節)
だから、あなたがたはこう祈りなさい、天にいますわれらの父よ、御名があがめられますように。御国がきますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。

みんな知っていますね。知っていることだと思って、もう目を伏せ始めていますよ。

(マタイによる福音書6章33節)
まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。

それがクリスチャンのやるべきことです。私たちがまずやるべきことは、神様の王国を求めることです。神様の王国とは何か私たちを暖かく快適な気持ちにさせてくれるものではありません。それが、神様が私たちのためにはっきりと書いてくださったことです。それを相続するのが私たちの役割であり義務なのです。自分のイメージを作り出すことではなく、自分の心の中で作り上げるものではありません。

それは神様が私たちに、生育し、繁殖し、地球を主管し征服するようにと意図されたことです。そのように主権を持って支配するのですが、そこでは善をもって、愛をもって、慈悲をもって、徳をもって、まず神の国とその義を求めるということです。

 

鉄の杖の王国 2 Kingdom of the Rod of Iron 2
Rev. Hyung Jin Moon 2018/1/7

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

-亨進様説教