お父様のみ言葉

愛を中心として信ずれば、滅びないのです

それゆえ、愛を中心として信ずれば、滅びないのです。救われるのです。神様が世界を愛するので、世界を共に愛さなければならないということなのです。今日のキリスト教は、教派の名で全部分かれていきました。世界がどうで、神様がどうでということは考えもしないのです。自分の教派と自分の国だけを愛して滅びていくこのキリスト教を眺めるとき、我々は教派を超えて、国を超えて世界を愛し、神様を愛さなければならないのです。(98-329,1978.8.13)

天聖経 712(英語版)

「鉄の杖の王国12」PDFはこちら

 

サンクチュアリNEWSより引用

 

-お父様のみ言葉