お父様のみ言葉

天地のどこに行っても、そこに神様の心がある

 神様の心は、神様のみ言の中だけにあるのではなく、神様が造られた万物の中にもあるのです。天地のどこに行っても、そこに神様の心があるというのです。ですから天は、いらっしゃらない所がないのです。すなわち「遍在する」と言いました。
神様の心の中にいることを願うのなら、皆さんが眺める物の中に神様の心があるので、その物を自分の物として、天地のすべての存在物を私の物として抱こうとする心をもたなければなりません。それが天の心です。最高の道に通じた人がいたとすれば、神様の心に所有された人です。飛ぶ鳥1羽、香りを放つ花一束を見ても、永遠を歌う境地に入る心をもった人は、万物の中にあるのではなく、神様の心の中にあるのです。(81-80,1959.12.13)

天聖経 真の神様

-お父様のみ言葉